おいすブログ

random things

サービスは誰のものか

何だったか忘れたんですが、海外のWebサービスを使っていて、サービスに対するフィードバックを送信する画面に

あなたの意見が採用されたときにお礼のメールをお送りしたいので、メールアドレスを教えてください。

って書いてあったんですよね。少なくとも日本のサービスではこういう言い方をしているのを見たことがないのですが、海外(というかイケてるスタートアップ系のサービス)におけるサービスに対する考え方がよく表れている一文だなあと思いました。言い方も上手くて、ユーザーも悪い気はしないですよね。

自分の経験では、日本のサービスってこういう時

  • 自由にご意見をお寄せください(とりあえずフィードバックは集めたい)
  • あなたのメールアドレスを入力してください(顧客の情報もついでに取っておきたい)
  • ※必ずしもご希望に沿うことはできません。予めご了承ください(とはいえ改善の確約はしたくない)

みたいな感じで説明することが多い気がします。これ、極端な話、

  1. この商品のここが気に入らない
  2. 自分が使いやすくなるように、ここをこう直してほしい。改善要望を送ろう
  3. わざわざ要望を送ったのに、まだ直ってない。ユーザーを軽く見ている!

みたいなパターンのユーザーをかわしたい気持ちと、ユーザーに何か言われたらそれに応えないといけない、みたいな考えが背景にあると思うんすよね。

これに対して、その海外のサービスでは

  1. サービス・プロダクトの方向性を決めるのは言うまでもなくこちらです
  2. 来るもの拒まず、去るもの追わず
  3. ただしフィードバックは歓迎で、有益な情報を送ってくれたユーザーにはお礼の気持ちを表明します

っていうスタンスを言外に感じます。

日本語圏は狭くていわば村社会なのに対し、英語圏は規模が遥かに大きくて多様性と合理性があるので、日本が小さくまとまって狭い世界でウジウジとユーザーの気持ちを忖度し続けてる間に海外でイノベーションが起きて飲み込まれる、っていう構図がこうして生まれるんですかねえ。

日本には日本の良さもあると思いますが、ドライなWebの世界ではデメリットが強く出すぎる気がする...。

Object literalにおけるComputed property keysおよびMethod definition

redux-actionsのサンプルコードみてて、

const reducer = handleActions({
  [combineActions(increment, decrement)](state, { payload: { amount } }) {
    return { ...state, counter: state.counter + amount };
  }
}, defaultState);

は?なにこのsyntax???

って思ったんだけど、プログラミングあるあるで、こういうときどういうキーワードで検索していいか分からない。ここでのcombineActions(increment, decrement)はStringを返す[1]と思ってもらって良いんだけど、それにしても全然見たことない書き方。しかし見つからない。探したり考えたりすること30分、やっと意味がわかりました。

この記事によると、ECMAScript 6から使えるようになったsyntaxで、Object literalにおける、Computed property keysとかいうやつとMethod definitionとかいうやつのshorthandのあわせ技らしく、何を言ってるか分からないと思うけど、要は、

{
  [appreciateKey]() {
    this.value += 1000;
  }
}

これは、

{
  appreciateKey: function () { this.value += 1000 }
}

これと同じで、例えばthis.value2000なら

{
  appreciateKey: 3000
}

となる。ObjectのValue部分をfunctionにして計算がしたい時に使う方法みたいですね。

すでに結論出てますが、同じように困ってる人がたどり着けるように、以下SEOを考慮してキーワードを散りばめながら振り返ります。

JavaScriptのオブジェクトの中に書かれた配列ブラケット記号と、その後に続くかっこ()および中かっこ{}から成る関数っぽい表現は、Computed property keysといって、ECMAScript 6(ES5)から使えるようになった簡易記法によるものです。の中はString(文字列)として評価されるものでないといけないっぽい。


  1. 実際にはtoString()を持つObject ↩︎

Tzolk'in Strategy

ツォルキン(ボードゲーム)の主な戦術について、この記事の翻訳メモ。

https://boardgamegeek.com/thread/1038126/guide-main-strategies-available-tzolk

Chicken Pizza Classic Building Strategy Big Corn Big Resources
4人プレイ時の理想VP 110-120 90-110 100-120 120-150
VP獲得源 スカル奉納、寺院 モニュメント、建築ボーナス(建築時の2点、Lv4の2点)、寺院 寺院、モニュメント モニュメント、建築ボーナス(建築時の2点、Lv4の2点)
最適なワーカー数 4 4 5-6 6
理想的なワーカー配置 2人配置、2人配置、1人ピック、1人配置、2人ピック、2人配置、4人ピック 2人配置、2人配置、2人ピック、2人配置、4人ピック 5人配置、5人ピック。ワーカー6人のときは、ABCDE配置、BCDEFピック、BCDEF配置、ABCDEピック、ABCDE配置、ACDEFピックなど。6人同時に送るのはコストパフォーマンスが悪いので、このようにすることでP1でピックすることが減る 2-4配置、2-4ピック
セットアップ速度 とても速い 速い 遅い
セットアッププラン 神学トラックLv3、技術トラックLv1、4人目のワーカーを入手 可能なら建築トラックをレベル2以上にする。4人目のワーカーを入手し、建物を集め始める。資源トラックや建築トラックを上昇させるものを優先する。最低1つ、1ワーカー2コーン免除の農場がほしい 農業トラックをLv3にし、12コーンを得るためにP5でピック。4人目、5人目のワーカーを入手 6ワーカーにする。資源トラックをLv3にする。Y5や資源トラックのLv4で資源を大量に入手し、U2で6Wに交換する。6Wは、建築トラックをLv3にするのに使う。後半に向け、大量のコーンと資源を用意する
第2クォーターのプラン Y4、T1、T3でスカルを集めつつ、ワーカー数人をCIの低い地点に置く。Y1かPalenqueでWを入手 建物を集め続ける。 Palenqueに何度も置いてコーンを増やす。一杯になったらU1を使う。(普通は2人以上置き、下位のアクション実行で一度に何度も使う)。T1、T3、U4(寺院上昇の建物)で全ての寺院を上げ、半周の段階で出来るだけトップに居ることを目指す この戦略はセットアップが遅いので、引き続きセットアップを続ける。第2クオーターの最後まで準備が整わないことも多いが、気にしなくてよい
後半のプラン スカルを集めつつ、CIの高い地点でスカル奉納 もう少し建物を集める。資源トラックや建築トラックを上昇させるものや買えそうなモニュメントに関連したものを優先して集める 大量のコーンを集め続け、寺院を上げるのに使う。緑の寺院で手に入れたスカルは、CIで使う。最終クオーターで1つか2つのモニュメントを建てるのに必要な資源をU2で確保する(取り合いになりそうならもっと早くても良い)。対戦相手の状況を見て、一番効率のよさそうな建物をU4で入手。効率的かどうかは同じだけの寺院の上昇をU1とU2で行うと考えて比較する とにかく建物を建てる。6つの建物か3つの記念碑を1ターンに建てられればベスト。できなくはない
コーン供給プラン 時々Palenqueに置く。もし農業トラックをLv2にしているなら、コーンやWをすぐに入手。また、スタートプレイヤーの獲得ボーナスを得る。 農場、建築トラックのボーナス、Yaxchitlan、スタートプレイヤー 問題無し U2、農場2つ。3人1コーン減×2、または3人2コーン減+1人2コーン減を買っておくのが望ましい。後半に建物を大量に建てるので、農場で建物エリアが埋まることを避けなければならない。建物スロットを回転させるため、全ワーカーが1コーン減の建物を2つ買うことは避ける
理想的なオープニング 神学トラック上昇タイル2枚。同時に得られる3資源は神学トラックをLv3に上げるのに使う。または、資源トラック上昇と神学トラック上昇(またはスカル獲得)のパネル。CIで茶色と緑の寺院を上昇させる場所をピックし、その際神学トラックの効果で毎回1資源を払うことで黄色の寺院を2つ上昇させることができるので、最初の寺院ボーナスで3資源を得ることができる。 建築トラック上昇タイルを2枚。Ticalにワーカーを置き、T4で建築トラックを上昇させる建物を1つ買い、建物の効果でボーナスを貰いながら計3つの建物を買う Uxmal gambit* Uxmal gambit*
よくピックする場所 Y4, T1, T3 T2, T4 Palenque, U1 Y5、T4、U5(Y5かT4かを柔軟に選択できるので、この戦略でU5はとても有効)
理想的なモニュメント 寺院の高さ、寺院ボーナス再計算、スカルの配置数 技術トラックのLv合計、技術トラックの最大Lv数、建物やモニュメントの数 寺院の高さ、寺院ボーナス再計算、コーンタイル数 記念碑やモニュメントの数、茶・緑・青の建物数、技術トラックのLv合計、技術トラックの最大Lv数、ワーカー数
理想的な資源タイル 神学トラック上昇タイル、大量のコーンと資源 建築トラック上昇 ワーカー、大量のコーンと資源、農業トラック上昇 ワーカー、大量のコーンと資源。4コーン+1木材+資源トラック上昇のタイルは良いが、もう一方の資源トラック上昇タイルは良くない。
競争力 低い。他のプレイヤーが同じ戦略を取ると不利になる 普通。建物や記念碑の奪い合いにやや弱い。Ticalが混雑しているとき、先のアクションに置くためのコーンが無い可能性がある。 とても高い。同じ戦略のプレイヤーがいれば、Palenqueで先に置きやすくなる(ただし相手も) 中。同じ戦略での対戦経験が少ないので未知数。コーン戦略は競合がいても問題ないが、建物の数は有限なので、相手より先に欲しい建物を建てないといけない
難易度 中。コーンのやりくりが厳しい 中。コーンのやりくりが厳しい 低い。一度コーン収穫のサイクルが整えば、問題はほぼなくなる。終盤にモニュメントを1つ建てる際、他プレイヤーの資源にあまり気を配る必要が無い 高い。市場を使うターンでは多くのことを予測して動かなければならない。コーンと木を入手する数とバランスの見極め。次に来るときまでになるべく使い切りたいが、ワーカー配置のためのコーンは確保しなければならない。何度も市場に来るのは良くないが、かといって資源を余分に持つのは非効率的。T4で建物やモニュメントを買うタイミングも難しい。慎重な分析と、対戦相手の動向を読むことが必要
ダブルスピン耐性 中。たまに盤面にワーカーがいない時がある。狙っていた1つ前のアクションを実行するのに支払うコーンが無いことが多い。 中。狙っていた1つ前のアクションでピックするのに支払うコーンが無いことが多い。最終ラウンドでモニュメントを買う予定のときに、ワーカーを置く前にダブルスピンされて間に合わなくなることがある とても弱い。5ワーカーでプレイするなら、ボードにワーカーがいない状況が半分ある(6ワーカーなら1回)。もちろん、5ワーカーや6ワーカーが乗った状態ならとてもラッキーなことになる 高い。6ワーカーいるので、全てが盤上にいないということはまずない
最適なプレイ人数 2 2 4 3
最適なプレイ順 1番目か2番目 1番目か2番目 セットアップ中は1番目。その後は3番目か4番目 セットアップ中は1番目。その後は3番目か4番目

Uxmal gambit*

David Goldfarbが提唱した、オープニングの強力な定石。手順は多少前後してもよい。以下の例で示す。
少なくとも6コーンを所持して始める(9以上が理想だが、2ターン目や3ターン目にコーン乞いをするのもそう悪くない)。
また、最低2つの資源を持って始めるか、資源トラックを上昇させて始めるのが理想。

  1. 6コーンでU0,U1,U2に置く。
  2. U3をピックして1ワーカー獲得。
  3. 1コーンでP0,T0に置く。
  4. U3をピックして1ワーカー獲得。
  5. 1コーンでY0,T0に置く。
  6. P3をピックしてWW、Y1をピックしてWを獲得。(もし資源トラックが上昇していれば、WWWとWになる。)T3とT1をピックして、農業トラックを3つ上昇させる。U5または1コーンでP5をピックし、12コーンを獲得。
  7. 12コーンでパレンケに出来るだけワーカーを送る
  8. 大量のコーンを獲得し、フードデイとその後のワーカー配置コストに充てる

Uxmal gambitへの対抗策

もしあなたが2番目のプレイヤーで前のプレイヤーがUxmal gambitを行っていたら、その勝ち馬に乗ろう。U3とU4、もしかするとU5にも置いて、ワーカー獲得やワイルドカードのアクションを2ラウンド目に実行できる。もしあなたが3番目か4番目のプレイヤーなら、2番目のプレイヤーの戦略が取れるかもしれないし、ワーカーをU5(もしコーンがあるならU5とU6)に置くこともできるし、他の3つの0コーンスペースに置くチャンスが得られて、Chicken Pizza戦略を取ることもできる。

9522人目のレジェンドになりました

毎日寝る前にちょこちょこやり込んでたドラクエライバルズのランクマ、昨日めでたくレジェンドに到達しました!とはいえ前にもう9521人も並んでらっしゃるとか、どんだけ伝説多いんだよって感じですが、始まってまだ10日しか経ってないのにもうこんなにいるのはすごいですね。リリースから1ヶ月で1000万DL達成してるらしいので、盛り上がりっぷりに震えますね。さすがドラクエ

それにしても、ミネア姉さんには本当にお世話になりました。プラチナ1の大事な試合でアルカナバーストを打って偶数を引いたり、特にレジェンド昇格がかかった試合で1枚差しのワンダーフールを引いたりだとか色々あって、もし配信してたらさぞかし配信映えするであろう散り方を何度かさせてもらったので、すっかりメンタルが強くなりました。

最後の方はもうだいぶ選択に迷いが生じなくなったので、裏目を引いて負けたらしょうがないという割り切りで、機械のようにカードを出す作業でした。しかもレジェンド昇格を通算5回弾かれてて、最後は4連敗したあとに5連勝するという、運命に弄ばれてるとしか思えない勝ち上がり方でした。せっかくブログを始めてるので、ちょっとここまでの感じを振り返ってみます。

コントロールミネア

f:id:oi5u:20180104112256j:plain

もともと、こんな感じのコントロールミネアでやっていました。

マッチアップは、運命のタロットを2ターン目までに引けてないとアグロにはほぼ負け、引けててやっと五分、ピサロやコントロール相手には有利、ぐらいの感じです。

皇帝のタロットが結構ポイントで、はぐれやジュリアンテ強化のユニットに使ってリーサルダメージ出したりとか、前列にユニットを置いて人魂などをブロックしている相手に貫通で仕留めたり(これ最高に気持ちいいっす)とか、状況限定で便利な使い方ができるのですが、ぶっちゃけカードパワーとしては基本弱いです😌

また、塔のタロットとトマトがいるので大型ユニットにはめっぽう強いというのがあります。ゾーマやりゅうおうに割りと強く出れるのが、コントロールへの勝率を高めてます。

テンションスキルや星のタロットなどでカードを引きまくれるので、最終的に太陽のタロット2枚とゴールドオークで20点ぐらい回復できるという、僧侶なのか占い師なのかわからないデッキです。勝ちを確信してカード出し切ってるっぽいアグロに対して毎ターン回復を重ねて絶望を与え、最終的にはジュリアンテちゃんでクソゲーにしてフィニッシュという崇高なコンセプトのデッキだったのですが、当時ゼシカとテリーが8割ぐらいの環境でnerf前の人魂が猛威を奮っていた時期でもあり、4/4インキュバス以外で人魂にほぼ触れず実際にはただの無理ゲーでした。

そんなわけで、数日前から奇数ミネアに転向しました🤗 いや、試合時間が長びくってのも結構つらくて…。この頃りゅうおうやゾーマを持ってなかったので、勝ちパターンがほぼジュリアンテとグラコスしかなく、超長期戦が前提になってしまっていました。

奇数ミネア

f:id:oi5u:20180104112318j:plain

で、奇数ミネアです。噂には聞いてましたが強いです。

使ってみて気づいたのですが、特技がアルカナバーストとタロットショットしかないので、テンションスキルで確実に除去を引くことができます。なので、手札に除去がない時はテンションゲージを最低2つ溜めた状態を早く作るよう意識することがポイント(相手にして戦う場合は逆に気をつけるポイント)です。

共通カードは割りと他のデッキでも採用されるものが多いと思いますが、最近流行りのマミーやラヴィエルを入れてるのがポイントです。どちらもHP5なのでシドーに耐えうるし、ラヴィエルは長期戦を見たときにミレーユやジュリアンテを引き直せる可能性があります。

マミーは、単純に有利トレードを狙う以外にも、テリー本体にかけてテリー対策にもなるのと、ジュリアンテやシドーとの相性が良いです。ワンダーフールは途中まで1枚挿してたんですが、ここ一番の奇数チェックで登場したりしてメンタルに大きな影響を及ぼすので、重要な試合のときは外して安定を取るのが無難かと思います…。道中テンションスキルでアルカナバーストを引いてデッキを圧縮することができるので、偶数事故はほぼ起きない(起きてしまったら諦める)感じです。

今後

負けた試合の敗因をちゃんと振り返ってデッキやプレイングの修正を繰り返せば必ず勝ちが先行するようになるし、溜まったものをこんなに一気に吐き出せるぐらいにはやり込み甲斐のあるよく出来たゲームだと思います。

上を見ればまだまだ道のりは長く、やり込みの面でもガチ勢には勝てそうにないので、しばらくは他キャラを試したりクエストを消化するなどしてまったり過ごしたい所存です。これからいろいろイベントやアップデートも予定されてそうなので、楽しみですね。

bitstampに口座開設した

bitFlyerにも口座持ってるんですが、リスク分散のためと、海外の取引所がどんな感じか知っておきたく、bitstampに口座開設してみました。が、これが非常に苦労させられました...。

口座開設のプロセス自体はオンラインで完結するようになっているし、非常に洗練されているのですが、本人確認として「身分証明書」と「身分証明書以外の居住確認ができる書類」が必要で、後者を入手するのが非常に困難なのです。

居住確認のためには「英語で」「住所が書かれた」「公共料金や金融機関などの」書類である必要があり、じゃあ銀行の残高証明書でいいんじゃね?と思いきや、少なくとも三大メガバンク住信SBIネット銀行では、英文で発行できない、もしくは英文フォーマットで請求しても住所の部分は日本語表記だったりして、使用不可能だと判明。じゃあ住民票はどうだろうと思って調べたのですが、自分の自治体では英語フォーマットの住民票は発行してもらえないとのこと。

もうだめかと思ったのですが、はるか昔に作って使ってなかった新生銀行の口座が英文かつ英語表記の住所が記載された残高証明書を受け付けていると判明!

さっそくパワーコールとやらに電話し、手数料1,080円かかって1週間後に郵送でお届けではあったのですが、なんとか書類が揃い、bitstampでの承認も降り、無事口座開設できました。

一応、国際免許証を使うという方法もあったのですが、写真と手数料2400円を用意して平日昼間に警察署に行かないといけないし、有効期間はたったの1年だったのでちょっと諦めました…。

f:id:oi5u:20180104112218p:plain

bitstampはこんな感じで取引ツールがすごいかっこよくて、webアプリも美しいです!残念ながら、取引手数料などではbitflyerのほうが割安なケースが多そうなので、うまく使い分けたいです。

攻撃は最大の防御

という格言、多くのケースに当てはまるなあと思う今日このごろ。

たとえば、いわゆるエレベーターピッチではないけれど、仲良くも仲悪くも無いぐらいの人と一緒になって、数分間なにか会話をしなければいけない状況。これ、完全に先手有利のゲームです。

まず、日常会話レベルでは当り障りのないことを質問することは非常に簡単ですよね。「最近どうですか」とか、「あの件、あの後どうなりました?」とか何でもいい。一方、質問された側は、それに対して、端的に要点が伝わるように内容を工夫し、相手に誤解や違和感を与えない表現を選び、もし場所が会社で相手が上司とかだったら、仕事で成果あげてますよ感を最大限演出しつつ、アホだと思われないようにしなければならない。

質問した側になれば相手が話している間に次の質問の内容を考えることができるし、こちらから相手に情報を与えることなく、相手から有益な情報を引き出すことができる可能性が高いわけです。

このように完全に非対称な関係なのに、先に話しかけたほうが人間関係においてより主体的に動いてる感が出せるし、会話の主導権を握る形にもなるので、良いことづくめです。

この理論を突き詰めていくと、「人見知りは自分から話しかけなさい」みたいなタイトルの新書を出せそう。

ふるさと納税おわった

ちょこちょことやってた今年のふるさと納税がようやく終わりました。

大した額じゃないので肉とかフルーツとかを1万円ずつぐらいで小分けに注文してたんですが、最後の方はいよいよ頼みたいものがなくなってきてしまい、もうちょっと上半期からいろいろ注文しておけばよかったという感じに...。

ふるさと納税のサイトを見ていると寄付額100万円以上のやつがあったりして、一体どんな人が注文するんだろうと思ってたんですが、これを見ると、控除額って年収が高くなるにつれてうなぎのぼりに上がるんですね。

Screen-Shot-2017-12-03-at-15.22.10https://www.furusato-tax.jp/example.html

こうしてみると露骨に富裕層に有利な制度になっているように思えます。控除額もさることながら、やることによるデメリットは無いのに能動的に手続きをしないと恩恵を受けられないので、そもそも知らない、やってないっていう人も多く、金融リテラシーというかファイナンスにあまり関心がない非富裕層の人が主に損をしているのではないかと。

そして納税者の最適行動としては、愛着のある地方に納税するのではなく、お礼の品がより魅力的で還元率の高いところを探すことになる(ふるさと納税サイトも当然それを認識して煽っている)ので、自分のふるさとに寄付することへのインセンティブとか、継続して同じ自治体に寄付し続けたらボーナスがあるとか、せっかくだからそういう設計にしたほうが良いと思うのですが、まだ試行錯誤段階なんですかね。

しかし、あまりこういうことばかり言ってると、ふるさと愛みたいなところからかけ離れた資本主義まるだしマンな感じがしてしまうので、それはそれでどうなのかという気もしますね。